『神道指令』の原文と現代語訳、GHQはどのように公私を分離させようとしたか?

神道指令は、1945年に出された、GHQが日本政府へ向けた覚書(指令)である。現在の日本で有効な法律ではない。

GHQ統治下において「政教分離」がどのように条文化されていたのかを知ることができる。国家神道をもちろんターゲットとしているのだが、実際にはあらゆる「宗教、信仰、宗派、信条あるいは哲学」について国家の介入を禁止していることに注意してほしい。

とくに、公的な資金と宗教がどの程度厳密に分離されるべきとされていたのか、公私の区別をどのように設定し、公的資金の使途をどのように制限していたのかが大切である。

かな表記を平仮名にするとともに、表現を現代風にしたものと原文(日本語)を用意した。

続きを読む 『神道指令』の原文と現代語訳、GHQはどのように公私を分離させようとしたか?