憲法9条はもっとシンプルでよい

国防は経済の外部性が高い公共財なので、自分の隣人の安全も不可避的に保障してくれる。だから、国家が国防の面倒を見るべきであるという考え方がある。

だが、強制的にみんなが直接負担する必要なんてなくて、費用を織り込んで市場に送り出せる人がそうすればよいという話だ。メリットがあるなら、仮にインフラや家賃が割高でもそこに住むことを選ぶだろうし、メリットがない人は単に選ばないだろう。守られたい人は、タダ乗りするわけではなく、費用の転嫁されたものを望んで購入するのである。

前提となるリスクが人によって違うのに、一律に同じ傘の下に入ることを強制するべきか?という問題だ。 財産を守るほうが割安ならカネを払って警備するだろうし、財産を逃がす方が割安なら自分が安全な土地に動くだろう。

国が守ってくれなくていいと言ってる人を説得しながら守ろうとするからややこしい話になる。しかも、説得を放棄して社会福祉予算という餌を与えたりするからさらに複雑になる。

国家によって強制的に負担させられたサービスを与えられることによって土地に縛られる前提では、逃げることもままならなくなる。 財産を税として奪われて手元から失うだけでなく、将来の負担を前提としたサービスの供給に依存させられるからである。

国防を維持するためのカードとして、さまざまなサービスの提供を政府は約束してしまい、そのほとんどが経済的非効率を肥大させてしまう。結局、国防のために政府を飼うのは、金持ちにとっても貧乏人にとっても割高なのである。

それでもならず者国家から守るためには、国家を前提しないと無理だ、とする考え方もある。だが、国土を殲滅したら報復や弁済を免れるという前提を作るのは、それこそが危険なことだ。

国家間の戦争というのは、無関係な被害者を巻き込んでも賠償しないで、国ごと押し倒せば支配できるという前提があるから大量破壊兵器が発達する。 そもそも国に支配されている人を支配し直すという前提だから、実際そうなるのである。

人々が国家に従属しておらず、戦争が民間に所属するものだとという前提では、誤爆や巻き込みのコストが無視されなくなるだろう。誰かをゆするために、別の取引相手もいるところに大量破壊兵器をぶちこむというのは、そもそも馬鹿げた話だ。 そういう戦争は、国家間を前提としないと意味をなさないのである。そして、冷戦を駆動した巨大公共事業である核兵器は、決して割安の兵器とはみなされないだろう。

そう、平和を維持するためには、国家による戦争を否定すれば十分だ。憲法9条は、もっとシンプルに解釈すればよい、
「国の交戦権は、これを認めない。やりたければ、自分でやれ。」

反共を口実とした共産化

 

反共を口実とした共産化

朝鮮半島への米国の介入が取りざたされている。だが、そもそも朝鮮半島を分断させ、大韓民国の分離と建国を誘導したこと自体が、米国政府の介入によるものだ。

中南米への米国の干渉政策もそうだが、米国政府自身がまずその失敗をちゃんと認めないとダメだ。そして、ちゃんと認めることはないだろう。現在進行で世界中でやってることだし、それなしでは米国政府自体が生き残れないだろうからだ。 続きを読む 反共を口実とした共産化

最悪の不当廉売~国が技能の安売りを強制する

気の弱い商売人が客の言いなりになって安い値段で引き受けることで、世の中がブラック企業だらけになっていく。そんなことを言う人もいる。

本来は安売りを求められても、断ればよいだけの話である。もちろん、刃物や武器を使って脅されて安売りを強制されるのであればそういうわけにはいかない。それは搾取であり、暴力というものである。だがそうでないなら、単にプロとして仕事を選べという話だ。

最悪の不当廉売とは、国家の権力によって安売りを強制されることである。権力によって集めた税金を使って、権力によって強制されて生じる廉売は、どんな安売りよりもタチが悪い。それは単に暴力的であるだけでなく合法だから、避けることができない。 続きを読む 最悪の不当廉売~国が技能の安売りを強制する

性行為の合意

ある人が言った。

『恋愛とセックスを「再分配」しろっていうのは、一人の権利をある程度向上させるために別の人間の権利を大幅に侵害するって話なので、人権侵害を肯定せずに肯定できる話ではない。』

おそらく、件のエマ・ワトソンのスピーチに関連しての言及だろう。 続きを読む 性行為の合意

お金をどうして政府が作り、政府が信用を担保するべきなのだろうか?

お金をどうして政府が作り、政府が信用を担保するべきだと決めつけられるのだろうか?政府が勝手に紙切れを貨幣とすることを強制しているのは、決して正しいことではない。

紙切れを印刷するだけで、政府は人々の財産を目減りさせ、奪うことができてしまう。たかだか政府が破綻するだけで、人々の財産の価値がなくなってしまう。 そんな政府の貨幣が正しいものであるはずがない。 続きを読む お金をどうして政府が作り、政府が信用を担保するべきなのだろうか?

「愛されやすい人柄」を演じなければならない社会

「愛されやすい人柄」というのは特殊スキルであり才能であり、それを持ってると色んな人が助けてくれるので生きていきやすい。だから、それを持ってない人でも公平に助けるのが公的扶助の役目だ。こういう主張をする人がいた。

これ、間違いだ。弱者は公的な救済に頼れという政治家や役人が大好きな言い回しには、多数決に認められるほど可哀想な人になって、政党の票田になるほど集団化して、政府の強制力の傘の下に入りなさいという論理が隠れている。 続きを読む 「愛されやすい人柄」を演じなければならない社会

国家を清算しなければならない理由

法律は常に正しく作られるとは限らない。

かつて国家が奴隷制を合法としていたことは、疑いようもなく罪である。人間の自由を国家が法律によって奪っていたからだ。

他人の財産の自由を奪う徴税を国家はまだ合法にしている。本当にそれでよいのか?疑った方が良い。 続きを読む 国家を清算しなければならない理由

表現の自由と政府の衝突

表現の自由とは、「政府あるいは民主主義が表現を規制しないこと」。ところが、「誰もが表現を存分に行うことが望ましという態度のこと」だと書いた人がいた。これはよくある勘違い、あるいはごまかしだ。なんでこのようなごまかしが生じるのか考えてみることにした。 続きを読む 表現の自由と政府の衝突

人気のある政治テーマと人気のない政治テーマ

日本では、多くの政治テーマは人気がない。だが、ときおり人気のある政治テーマが生じる。例えば、日米安保や、共謀罪といったテーマである。

一方、政治家の不正とか、特定の勢力の利権の取り合いというのは大して人気がない。例えば、学費の無料化とか、保育園の無料化とか、ナントカマイノリティの保護といったテーマである。

日本の有権者の半分は、そもそも支持政党を持たない。それどころか投票行動だって取らない。政党間の利権の取り合いには、うんざりしていて、話を聞くのも嫌なのだ。

けれども、根本的なところで政府が自分たちの自由を制限することについては不満を表明しようとするという話である。

政党は、自分たちの利権の取り合いばかりにうつつを抜かし、私たちの自由を制限することについては無頓着である。それどころか、積極的に制限しようとしさえする。だから嫌われるのだ。

政党がお前らを助けてやる、だから投票しろ。そんな政党は嫌われて当然である。私たちは自分たちで生きている。政治は単に邪魔しないことを表明しさえすればよい。そんな簡単なことができる政党が日本にはない。