雇用規制によって生じる、無駄な学歴競争

日本人はなんでみんな揃って学歴を求めるのだろうか?

学びたいから学ぶのである、いや、本当にそうならよい。けれども、実際にそうだろうか?大学に行かなきゃいけないから行く、そんな思い込みがないか?いや、それは本当に思い込みだろうか?

実際に大学に行かないと損する社会があるのではないか?

実は、無駄な学歴競争は個人の願望ではなく政府の規制によって生じたものではないだろうか。

続きを読む 雇用規制によって生じる、無駄な学歴競争

インフレ税

「インフレ税」という言葉がある。端的に言えば、「政府による人工的なインフレは、税金と同じである」という話だ。

政府が財源を確保しようとするとき、徴税や社会保険料の徴収と並んで、通貨の発行という手段がある。政府は、輪転機を回して紙幣を印刷することができてしまう。

この魔法のような方法を、誰も損しないかのように信じたくなるかもしれない。だが実際には、人々が持っていた通貨の価値が希釈されて目減りするという効果がある。そのため、政府が人々の財布に手を入れなくても財産を奪うことができてしまっているのである。

これが、インフレ税の仕組みだ。

続きを読む インフレ税

経済的自由の喪失

税金や、社会保険料の徴収、政府の紙幣発行に伴うインフレ税は、人々から私有財産を引き離し、政府の裁量によって使途を決めてしまう仕組みだ。つまり、人々の経済的自由を制限し、国家権力が統制する手段である。

経済的自由が権力によって奪われ、人々が経済的自由を失ってしまうと、人々は自分の人生を自分で選んで幸福を追求することが出来なくなってしまう。政府の統制下で決められた製品やサービスしか選べなくなってしまい、政府が良いと言ったものしか選ぶことができない。画一的で質の低いサービスだらけになっても、それを受け入れなければならなくなってしまう。

経済的自由は最も大切な自由の一つである。本来、自由な人々の欲求は様々であり、政府はそれを正しく測定することができない。だから、国家による経済統制は、人々の幸福追求を阻害する結果を導く。経済的自由が政府によって奪われると、幸福追求の自由も失われる。

経済的自由が失われて国家によって統制された社会では、政府の失敗によって膨大な不合理を放置する悲惨な結果を招く。失敗した政府は、より強力に自由を制限しなければ立ち行かなくなり、どこまでも権力を拡張しようとする。人々が生きる自由を確実に失っていくのである。

続きを読む 経済的自由の喪失

差別する自由が必要な理由

このようにいう人がいる。

『「表現の自由」というのは、弱い者が強い者に立ち向かう時に保障されるものです。そして、自由には責任が伴います。自由とは、好き勝手放題していいということではありません。』

続きを読む 差別する自由が必要な理由

日米安保条約の内乱条項と日米地位協定

日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約、いわゆる旧安保は、その第一条で内乱への言及があった。これは、内乱条項として知られる。

日本国内で内乱が起きた場合に武力介入する前提でアメリカ合衆国の軍隊が駐留するということがそもそも日米安保体制の前提だった。

第一条(アメリカ軍駐留権)
日本は国内へのアメリカ軍駐留の権利を与える。駐留アメリカ軍は、極東アジアの安全に寄与するほか、直接の武力侵攻や外国からの教唆などによる日本国内の内乱などに対しても援助を与えることができる。

続きを読む 日米安保条約の内乱条項と日米地位協定

正しい公営事業の民営化

行き詰った政府は、何をするべきだろうか?

政府の膨れ上がった債務、それは積みあがった政府の失敗の履歴である。多くの失敗は、大きな負債を作り出す。政府に資金を投じても、そこから利益を生み出して納税者に還元することができず、それどころか、将来の課税を前提に負債を膨らませてしまったのである。 続きを読む 正しい公営事業の民営化

最低賃金制度による過酷労働の強制

最低賃金制度は「労働者の保護」であると説明されることが少なくない。だが、雇用規制が労働市場を歪めることで仕事の選択肢が減った人々は、より過酷な労働に身を置くことを強制される結果となる。

最低賃金制度を導入すると、低い生産性の仕事のために人を雇用することができなくなる。雇用規制によって、安く雇って楽な仕事をさせるという選択が禁じられるからだ。

続きを読む 最低賃金制度による過酷労働の強制

北朝鮮利権

反北朝鮮を口実にしたら軍事予算が付く、そういう前提で軍需産業と癒着する政府に防衛を頼る。これって危険なことじゃないか?

その前提を作ると、北朝鮮に税を還流する。武器メーカーと政治の複合体にとってそういうインセンティブが生じてしまう。 続きを読む 北朝鮮利権

「北朝鮮を合法の政府と認めない」はどのように悪いのか

日韓基本協定において、朝鮮半島における太平洋戦争時の損害について最終的解決が行われたとされる。

日本政府の立場である。

「北朝鮮を合法の政府と認めない、ゆえに韓国政府にのみ賠償金を支払い最終的解決とする。」

だが、これはまったく良くない対応であり、こちらが正しい対応であろう。 続きを読む 「北朝鮮を合法の政府と認めない」はどのように悪いのか