コロナ怖い。

医師会のエライ人たちが会食をしていた、本心では怖がってなくてケシカラン。

……そんなこと言ってやるなよ。

国家権力に自粛させられる、みたいな可笑しな日本語を使ってる世界の話だ、そんな世界に自粛している人なんていないし、本心から怖がってる人なんていないことくらいマトモな大人なら分かりきってること。サンタクロースがいないというのと同じくらいアタリマエだ。

国家権力を利用して人の行動を制限したり他人の財産(税金)をこっちよこせするチャンスを得た人はもちろんそれを利用した。医師会もそのひとつだが、多かれ少なかれみんなやってたよね?

そもそも、他人の行動に口出しして強制したり、他人の財布に手をつっこむなんてのは、やってはいけない。そんなのはアタリマエだ。それが、コロナを口実にしたらOKになる、こんなムフフな状況はない。だからみんながその状況に乗っかったのだ、よね?

公共の福祉を口実にしたら他人の権利を侵害できる。国家権力がオスミツキを与えてくれる。なるほど、国家のためといえば他人の人生を奪えると本気で言ってるのかい? いや、まぁいい、そんなことはどうでもいいんだ。

建前として怖がってることにしなきゃ、奪う側ではなく奪われる側になるというルールがある。だから、怖がっていることにする。 怖いから他人の人権を制限できる! よし、腕力で自由を奪い合おうぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。