民主主義国家に憲法が必要な理由

「憲法は国家権力を縛るためのものだ、人々の自由を奪うためのものではない。」と頭で知っているつもりの人でさえ、いつの間にか論理をひっくり返して、権力を縛るための憲法を人々を縛るための憲法にすり替えてしまってはいないだろうか?

国家権力を縛るための憲法

なぜ、政府を縛る憲法が必要なのだろうか? それは、民主的に選ばれた政府であったとしても、人々から自由を奪ってはならないからである。ところが多くの人は勘違いしていて、権力が自由を縛る道具としてデモクラシーを使うことを肯定してしまいがちだ。

国家が自由を規制するべきだ、国家が財産を奪って配分するべきだ、という主張をする前に、ちょっと待ってほしい。民主主義国家における憲法は、民主主義を制限し、私たちの自由を守るためのものだ。

民主的に作られた権力なら表現の自由、営業の自由、職業選択の自由、財産の自由…… あるいは幸福を追求する自由を奪ってよい、という話なら民主主義国家に憲法はそもそも必要ない。

民主主義は多数決である

「民主主義は多数決であるというのは間違い」と一生懸命演説するひとがいる。でもそれは明らかに間違っている。民主制(democracy)はあくまで多数決をベースにした「制度」のことある。

それにいくらタテマエとか装飾を加えたからと言って、別のモノにはならない。「民主主義はそんなものではない」と祈ってどうにかするものではないし、主義という言葉に釣られて何かの思想と勘違いするのもよくない。

民主制は多数決であり、多数決は危険なものだから、憲法でもって制限するのだ。

いくつか言い換えてみる。

  • 民主主義の威力から自由主義を守るのが民主主義国家における憲法の存在意義なのであって、民主主義を守るためにあるわけではない。
  • 民主主義の暴力性を認めた上で、民主主義政府が個人の自由を奪ってはならないとする自由主義の憲法がある、というのが本来の構図だ。
  • 「民主主義を守るための憲法」ではなく、「民主主義から守るための憲法」がある。

民主主義は危険なものだ

多数決によって権力を作り出す民主主義自体は、危険なものであることは間違いない。「悪いものであるはずがない」と思い込んでいたら、考え直して欲しい。取扱注意の代物であることは明らかなのだ。

民主主義が自由を制限することを容認した場合、多数決はいくらでも人々を縛り付けることができる。民主的な方法であれば他者の自由を奪えるというのであれば、みんなで自由を縛りあう結果を導く。

多数が少数の趣味を制限し、多数が少数の生き方を制限し……画一的な生き方しか選べないように調整されてしまうとしても当然である。

「民主的な方法であれば自由を奪える」という考え方によって生じる状態は、全体主義あるいはファシズムと呼ばれる。

憲法を悪用してはいけない

日本国憲法には、ひょっとして人々を縛って良いかもしれない、と勘違いしてしまいそうな表現がいくつか紛れ込んでいる。

だからといって、憲法の字面を都合よく解釈して国家権力を利用して人々の自由を制限しようとしてはいけない。

人々は忘れてしまっているけれど、私たちの守るべき大切なものは、一人ひとりが自由に幸福追求できるということであって、民主主義国家に統制されることではない。

だからこそ、民主主義国家は自由を守るために憲法を必要とするのである。

労働基準法って違憲じゃないの?

穴だらけの公営社会保障への加入強制は違憲でしょ?

経済的自由の喪失

「民主主義国家に憲法が必要な理由」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。