『国による「保育」や「介護」の供給は、搾取ではない』か?

 

「毎月20万円支払って政府が内容と運営方法を決めた保育サービスを買いなさい、支払いはツケ払いでよいです」
「無理にサービスを受けないでもいいです、でも支払いだけは負担しなさい」
「誰にサービスを提供するかは政府の都合で決めます、外れても支払いだけは負担しなさい」

……これは、搾取ではないだろうか?

誰にとっても合意できる誰にとっても最良のサービスを提供するなら、その場合だけ搾取がないといえるだろう。

『国による「保育」や「介護」の供給は、搾取ではない』と考える人はとても多い。でも、誰かのために最良で別の人にとって割高なサービスを強制的に売りつけたらそこに搾取がある。

税金を介して負担させられて、結局それが割高であるのなら、経済的自由がどんどん失われることになる。そこを無視しても本当によいのだろうか?

経済的自由の喪失

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。