アベノミクスの成果

安倍晋三政権の掲げたアベノミクスの成果とはなんだろうか?

将来世代への課税を前提としてばらまいた結果、賃金が上昇した。ばら撒かれた金の奪い合いのための人材不足が生じている。

地獄の亡者が奪い合う図がここには相応しいだろう。

早めにおこぼれにたどり着いた人は、多くの利益を得ただろうし、最後にようやくチャンスを得た人は少しの利益を得ただろう。

いずれにしろ、その金は、将来の自分たちや、将来世代の人たちへの課税を前提にばらまかれたものである。

あるいは、通貨を発行すればよいと言う人もいる。だがそれもインフレ税、税金である事には変わらない。現在の法定通貨制度の下では、政府が通貨を発行しただけ、流通する通貨の価値は希釈される。

人々の持つ現金資産や、債権、約束されていた賃金の価値は目減りし、その犠牲と同じだけ政府の負債が圧縮されるという話である。

政府の経済政策は常に失敗に終わる。政府による経済への介入は、将来からリソースを先取りするから、好景気と不景気を繰り返し、その振れ幅はどんどん大きくなることになる。非合理に延命措置をしたあげく不況を拡大させる要因となるのである。

不景気の局面は、当然悲惨なものになる。これが、アベノミクスの予定する成果である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。