人を選んではならないという社会

人は皆、同質ではない。だから、人を選んではならないという信仰は、沢山の現実の軋轢を生む。理不尽な客は沢山いるし、街を歩けば乱暴な人にも出会う。だが、人を選んではならないという社会の要求にこたえるために、自分が罪人になる覚悟をするか、理不尽を受け入れるか、言い訳を考えるかを選ばなければならない。

人々は必死に、自分がいかに正しいのかをまくしたてるようになる。あるいは開き直るようになる。自分が相手を断ったのは差別ではないのだと「社会」が理解できるような説明を用意しようとする。自分の内心ではなく、社会のことを考え始める。

自由に選ぶことができないという前提を作れば、そういうことになる。多くの人が、そこに不満を感じ、恐怖を感じ、不信感を抱く。すると人々は、人は同じでなければならないと考え始める。同じになるために妥協を強いられるのは当然だと考え始める。

間違った信仰が、間違った結論を導いてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です