年金と民主主義

老人の世代は、日本を発展させたのだから、その老後は若者が負担するべきだろうか?

親が子に家を残してやったとしても、それを上回るローンを残したなら、ツケを負わされるのは次世代である。債務を次世代に負わせて何かをしたことをもって、発展させたと評価することはできない。将来世代から先取りして消費してしまったり、あるいは運転効率の悪い資産に変えてしまったのである。そんなことを許せば、 当然あとの世代ほど苦しくなる。

無限連鎖講は最初の人も途中の人もみんな悪人とみなさなければならない。負債を積み上げた年寄りはもちろん責められるべきだが、負債を積み上げることを求める今の人達だって同じように責められることになるだろう。

年金は清算するのが公正というものだ。老人が生活できないから政府が若者から奪えなんていうのは乱暴である。そんな態度を押し通すなら、若い人に自発的な善意を期待するのは、無理というものだ。

「多数決で勝ったら奪ってよいのである、お前らが投票で負けるのが悪いのである」というなら、他人の善意や良心なんてまったく期待するべきではない。国の最低限のサービスだけで満足するべきだ。いかに、その「国」がろくでもなかったとしても、他人の良心に期待することは許されなくなる。政治による強制を正しいとみなすということは、結局そういうことだ。

国による強制と、善意や良心は、両方求めることができるものではない。奪い合いたいなら、助け合うことはできなくなるし、助け合いたいなら奪ってはならない。

いくら合法だといっても、投票して勝ったら奪えるなんてのは暴力に過ぎない。合法だから頼るというなら、言い張ればよい。いくらでも不平不満を政府にぶつければよい。紙切れを箱に入れるだけで、政府は喜んであなたの意見を汲みとって、もっと若者から財産を奪い取ってくれるかもしれない。それが民主主義というものだ。

だが、自発的な善意や良心がそんな乱暴な人に向けられるとは思うなよ、という話である。合法であれ、違法であれ、奪う者を助けようとする者は居なくなっていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です