正しい税金の使い方

ある使途に税金を使うことが正しいと言える必要条件は、それぞれの納税者が徴税されない場合に手に入れるものより、税を介して強制的にそれに投じさせるほうが利益をもたらすことを証明できる場合である。

そのような証明が存在しないならば、それぞれの納税者から他の使途に使う自由を奪うことは正当化できない。

そのような証明が存在するならば、強制的に徴税せずとも人々は自発的にその事業に出資するだろう。

ゆえに、正しい税金の使い方は、税金を使わないことである。人々は、徴税されるべきでない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です